本文へスキップ

頭痛・肩こり・腰痛・手足の痺れから、スポーツ傷害、半身麻痺までトータルサポートします。    トータルリハビリテーションセンター八王子

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.042-646-1571

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-27-8

症状Symptom

足の痺れ

足の痺れ

 足の痺れは、下のようないくつかの原因があります。

・脊柱管狭窄症
・椎間板ヘルニア
・坐骨神経痛

 背骨の中の脊柱管には筋肉や内臓の働き、皮膚の感覚を司っている脊髄神経が走っています。また、脊髄は前方を後縦靭帯、後方を黄色靭帯という二つの靭帯によって支えられています。加齢によってこの靭帯が石灰化を起こすと脊髄を圧迫して足の痺れを起こしたり、歩行時に足の痛みで休まなければならなくなる、間欠跛行や、排尿や排便の調節に支障をきたす直腸膀胱傷害を起こすこともあります。この脊柱管狭窄症のうちでも有名なのが腰椎椎間板ヘルニアです。

 直腸膀胱傷害が見られるなど、症状が深刻な場合は専門医に紹介することが優先ですが、まだ軽度な場合は背骨の調節や背骨を支える深部の筋肉(コアマッスル)を鍛えて安定性を確保することで足の痺れの改善が期待できます。椎間板ヘルニアで椎間板が完全に飛び出てしまうケースでも、1年ほど経過すれば自然と消滅しますが、その間の痛みの軽減や早期回復を望まれる場合は、背骨のケアが欠かせません。

 坐骨神経痛は、背骨の腰の部分の関節から出ている下肢(足)の運動や感覚を司る神経が、何らかの損傷または刺激を受けることで起こる、お尻から足の裏まで続く痺れや痛みの事です。

 原因は椎間板ヘルニアや、骨盤の関節の不具合による関連痛、また骨盤周辺の筋肉の緊張による痛み、また梨状筋というお尻の後ろにある筋肉が緊張して坐骨神経を刺激して起こる、梨状筋症候群など様々です。

 検査と痛みの部位を調べることで原因を特定して、それぞれに適切な治療を行う事で症状の早期改善ができます。
お尻や太ももの裏側、ふくらはぎまで続く足の痺れや痛みでお困りの場合は、一度トータルリハビリテーションにご相談ください。


TOTAL REHABILITATION CENTERトータルリハビリテーション センター

〒192-0046
東京都八王子市明神町4-27-8
TEL 042-646-1571
FAX 042-646-1571





メールでのお問い合わせ
トータルリハビリテーション
info@total-reha.com

トータルリハビリテーション
代表あいさつ
代表ブログ
スタッフブログ
よくあるご質問
フランチャイズ
インターン募集リンク
サイトマップ