本文へスキップ

頭痛・肩こり・腰痛・手足の痺れから、スポーツ傷害、半身麻痺までトータルサポートします。    トータルリハビリテーションセンター八王子

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.042-646-1571

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-27-8

症例紹介Case Study

急に起こった激しい背中の痛み 30代 女性 主婦

 朝起きた時から急激な背中の痛みに襲われた。身体を曲げたり動かしたりもなかなかできない状態で、午後になっても回復しないため来院された。10代のころから背骨の側弯症を指摘されており、痛みを訴えている中部胸椎周辺は大きく左凸の側彎がある。 

 検査の結果、痛みは中部胸椎(背中の中央よりやや上あたり)に限局して起こっており、背骨の深部にある筋肉のスパズム(過緊張状態から回復できない)であることが分かった。また、脊柱側弯症が起こっている部分でもあるが、痛みが起こっている背骨部分の関節が前方にのめり込んでいる。施術は過緊張を起こしてしまっている筋肉の緩和と、その原因として考えられる背骨の関節の調節を中心に行った。施術直後に背中の痛みはほぼ消失して体も曲げたりまわしたりできるようになった。1週間後にチェックのために来院されたが症状は無く、その後は月に1度のメンテナンスに来院されている。 

「コメント」
 脊柱側彎の有無にかかわらず、この方の症状は背骨の関節の一部分に起こった機能不全によって、そこに付随する深部の筋肉が限局的にかたまり痛みの原因になっていたようです。筋肉の緊張を和らげ、原因となった関節の可動を確保することで、施術直後から痛みは9割方無くなりました。脊柱側弯症には、生まれつき構造的な問題があって形成される構造的側彎症と、周囲の関節機能や骨盤の関節機能不全から代償的に起こる機能的側弯症の二つがあります。構造側彎の場合は骨の変形なども見られ、改善は難しい場合もありますが、機能側彎の場合は問題の引き金となっている骨盤や、他の脊柱の関節の可動を確保すると大きく改善する例があります。また、改善を維持するための体操も大切です。側弯症やそれに付随するであろう背中の痛みでお困りの場合は、一度トータルリハビリテーションにご相談ください。

TOTAL REHABILITATION CENTERトータルリハビリテーション センター

〒192-0046
東京都八王子市明神町4-27-8
TEL 042-646-1571
FAX 042-646-1571





メールでのお問い合わせ
トータルリハビリテーション
info@total-reha.com

トータルリハビリテーション
代表あいさつ
代表ブログ
スタッフブログ
よくあるご質問
フランチャイズ
インターン募集リンク
サイトマップ