本文へスキップ

頭痛・肩こり・腰痛・手足の痺れから、スポーツ傷害、半身麻痺までトータルサポートします。    トータルリハビリテーションセンター八王子

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.042-646-1571

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-27-8

症例紹介Case Study

歩行時の股関節の痛み 30代 男性 演奏家

 仕事でとあるテーマパークで楽器を演奏している。先週、演奏を終えてステージから降りるときに階段を踏みちがえてしまった。それ以降、歩く時に右の股関節に痛みが出るようになってしまった。また、それとは別に左肩周辺が慢性的に痛み、時々首が回らなくなってしまうことがある。特に長時間の練習をした翌日などに起こりやすい。

 検査の結果、階段を踏み外したことがきっかけかどうかはわからないものの、骨盤に歪みが生じていることが分かった。骨盤には仙骨と腸骨を繋いでいる仙腸関節と呼ばれる骨盤の後方にある関節と、右と左の恥骨を繋いでいる恥骨結合と呼ばれる関節が前方にあるが、この方の場合は前方の恥骨結合に主に障害が生じていることが分かった
左肩は、楽器を持つこともあるが、肩を引き上げる時に働く肩甲挙筋という筋肉が過剰に緊張していた。この筋肉は頸椎から始まり、肩甲骨の上部に付着しているため過緊張を起こすと頚部への症状を誘発しやすい。治療は恥骨と頸椎の関節機能の改善と、筋肉への緩和操作、そして自宅でできる肩の運動を指導した。治療後、歩行時の股関節の痛みは無くなり、問題なく歩けるようになった。左肩と頸も非常に楽になったが、職業柄慢性的に繰り返す恐れがあったため、演奏時の姿勢と呼吸の仕方を確認。最近は腹部をしっかり使っていないかもしれないとの事だったため、基本に戻った腹式呼吸を意識してもらうことにした。

コメント
 股関節は骨盤の腸骨にある寛骨臼についているため、骨盤の関節の機能不全によって負荷が高まり、今回の症状につながった可能性があります。今回は外傷がきっかけでしたが、日々の負担の蓄積などで似たような症状は起こりうると思います。また、肩の症状は職業柄慢性的に繰り返す可能性もあるため、仕事中の姿勢の改善や、一日数分のエクササイズで日々の疲れを残さない事が良い状態の維持につながるでしょう。
お仕事での疲れが取れにくい、慢性的に肩がこるなどの症状でお困りの方は、一度トータルリハビリテーションにご相談ください。

TOTAL REHABILITATION CENTERトータルリハビリテーション センター

〒192-0046
東京都八王子市明神町4-27-8
TEL 042-646-1571
FAX 042-646-1571





メールでのお問い合わせ
トータルリハビリテーション
info@total-reha.com

トータルリハビリテーション
代表あいさつ
代表ブログ
スタッフブログ
よくあるご質問
フランチャイズ
インターン募集リンク
サイトマップ