本文へスキップ

頭痛・肩こり・腰痛・手足の痺れから、スポーツ傷害、半身麻痺までトータルサポートします。    トータルリハビリテーションセンター八王子

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.042-646-1571

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-27-8

症例紹介Case Study

トレイルランで転倒後に起こった股関節の不安定 30代 男性 会社員

 3か月ほど前、趣味でやっているトレイルランの大会に出場。前日は雨が降ったため、山道はぬかるみが多く、走っている最中に足元を取られて横向きに転倒した。転倒時は側方へ転倒したため、右股関節付近を地面に打ち付けてしまった。患部は腫れあがったりはしなかったものの、痛みが取れた後から股関節がカコン、カコンと音を立てるようになり、まるで関節が外れるような感覚があって不安定な感じが続いているため来院した。

検査の結果、股関節が外れる感覚がするのは股関節を伸展した時で、カコンという音もその時に起こる。股関節の運動にかかわる筋肉や関節を調べると、運動時に体感と股関節を安定させる中臀筋に、スジのような塊を確認できた。その部位は転倒して打ち付けた部分とほぼ一致しており、圧痛も確認した。施術はこの筋肉の緩和と筋膜のリリースを中心に行い、腰椎と骨盤の調節を併せて行った。治療後から股関節の音や、不安定感は無くなり、1週間後の2度目の来院時にも安定していたため治療を終了した。 

「コメント」
 原因として考えられるのは、転倒時の筋肉への障害によって周辺組織が固まってしまったことで、股関節や体幹を支える中臀筋の機能が低下してしまったことです。軟部組織は障害を受けると、組織の修復などに必要以上の細胞組織を運搬し、ある意味塊のような組織を形成します。(肉芽組織)修復の過程で組織が固まった可能性もあります。今回はその組織をリリースすることで上手く筋肉と関節の機能が改善できました。今回の障害は主に外傷がきっかけとなって起こりましたが、このような例は股関節以外でもみられます。ケガの後からうまく身体を動かしづらい、痛みが残るなどでお困りの方は、一度トータルリハビリテーションにご相談ください。

TOTAL REHABILITATION CENTERトータルリハビリテーション センター

〒192-0046
東京都八王子市明神町4-27-8
TEL 042-646-1571
FAX 042-646-1571





メールでのお問い合わせ
トータルリハビリテーション
info@total-reha.com

トータルリハビリテーション
代表あいさつ
代表ブログ
スタッフブログ
よくあるご質問
フランチャイズ
インターン募集リンク
サイトマップ