頭痛・肩こり・腰痛・手足の痺れから、スポーツ傷害、半身麻痺までトータルサポートします。トータルリハビリテーションセンター八王子のトレーニングは裏切らない

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.042-646-1571

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-27-8


トレーニングは裏切らない

■2013/09/23 トレーニングは裏切らない
こんにちは。スタッフの柴田です。

朝、晩は大分涼しくなり過ごしやすくなってきましたね。

先日の十五夜のお月様も綺麗でした!いよいよ秋です。

秋というと近頃、「ウォーキング」や「ジョギング」をする人も増えてきました。


そんなスポーツの秋ですが、みなさんはどのような運動がお好きでしょうか。

運動といっても沢山の種類がありますが、私達の身体はその運動に対して、うまいこと筋肉の種類を使い分けながら動いているんです。

ここでいう「使い分け」とは、筋肉の線維の種類のことです。



簡単に言うと、私達の身体は速筋(線維)、遅筋(線維)という筋肉の種類を使っています。

『速筋』は早く収縮するので、瞬発的な動きに向いています。ただし、疲れやすい性質もあります。魚で言うとタイやヒラメ(白身)といったところでしょうか。短距離走や瞬時に力を発揮する運動に向いています。


『遅筋』はゆっくり収縮する性質があり、疲れにくいので持久性が高いです。魚で言えば広範囲を泳ぎ続けるマグロ(赤身)。長距離走や持久力が必要な運動に向いています。

ミオグロビンという色素タンパク質が多いため、本当に赤みがかっています。


これらの筋肉の線維の種類が身体に占める比率は人それぞれで、『遅筋』が多い人もいれば『速筋』が多い人もいます。そしてこの比率は生まれつきのものなので、残念ながら生涯で変化することはないといわれています。


それでも私達はトレーニングによって体を変えたり、運動能力を高めることが出来ます。なぜかというと、『速筋』線維の一部には『中間筋』という筋肉を備えているからです。

この『中間筋』は速筋ではありますが、遅筋のように疲れにくい性質を持っていてトレーニングによって変化させることが出来ます。

ですから、持久力を上げたければトレーニングをすることで、中間筋が遅筋に近い状態に変化してくれます。


逆に『速筋』はそれ以上増やすことは出来ませんが、トレーニングにより『速筋』と『中間筋』の線維が太くなることで能力アップにつながります。



マラソンのトップアスリートは遅筋が元々多い人がいるかもしれませんし、サッカーやテニスなどの瞬発性と持久性が必要な競技の選手は中間筋がうまく活用されている人が多いのかもしれませんね。


7年後のオリンピックが東京に決まりスポーツ熱が更に高まっていますが、7年後にどんな選手がでてくるのか楽しみです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
トータルリハビリテーションセンター
http://total-reha.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市明神町4-27-8
TEL:042-646-1571
----------------------------------
Facebook:http://p.tl/VmOw
Twitter:http://p.tl/P2nb
mixi:http://p.tl/6doq
アメブロ:http://p.tl/ZaEk
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

TOTAL REHABILITATION CENTERトータルリハビリテーション センター

〒192-0046
東京都八王子市明神町4-27-8
TEL 042-646-1571
FAX 042-646-1571





メールでのお問い合わせ
トータルリハビリテーション
info@total-reha.com

トータルリハビリテーション
代表あいさつ
代表ブログ
スタッフブログ
よくあるご質問
フランチャイズ
インターン募集リンク
サイトマップ